みんなも作ろう自分専用Slack

この記事は CAMPHOR- Advent Calendar 2015 6日目の記事です.

みなさん。Slack使ってますか。

slack
↑コレ

職場で使ったり、コミュニティで使ったり、大学の課題で使ったり。

みなさんいろいろチームで使っていると思います。

今回はそんなSlackを自分専用汎用通知ツールにしてしまおうという記事です。

目的

自分専用に情報を収集するSlackを作ります。

  • 天気
  • ニュース
  • Yo
  • その他

1 チームを作ろう

まず、自分用にSlackを作らないと話にならないので作りましょう。
きっとみなさんなら作れるはずです。

2 Integration

みんなだいすきIntegration
普段はチームでGitHubやらCIやらを登録しているとは思います。

2.1 ニュース

ということでまずニュースを収集したいのでRSSのインテグレーションを登録しましょう。
スクリーンショット 2015-12-05 17.14.06

そして自分の知りたい情報をさくさくチャンネルと共に作っていきましょう。

スクリーンショット 2015-12-05 17.21.43

ちなみに僕はこんな感じで登録してます。

僕は基本テレビを見ないので情報はSlackから得てます。

スクリーンショット 2015-12-05 17.41.15

2.2 天気

つぎに、天気です。
毎日明日が晴れだ、明日が曇りだなんて言われてもうるさいだけなので、明日が「雨」の場合だけGeneralに通知が来るようにしましょう。

今度はIFTTTのインテグレーションを登録しましょう。

IFTTT(イフト)とは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである。 開発したのはリンデン・チベッツで2010年にスタートした。

Wikipediaより

らしいです。
ウェブサービスを繋いでいろんな事を自動化するウェブサービスです。
IoTで家に誰かがきたら携帯に通知したり、スマホが家のWifiにつながったらその時間をカレンダーに記録したりと、なんかなんでもできます。

今回はこのserviceをつかって明日が雨だったら通知する物をつくりたいと思います。

では、IFTTTに登録しましょう。よしなにやってください。
登録できたらSlackのインテグレーションからIFTTTを選び連携させましょう。
これでSlack側の準備はOKです。

ちょうどすでにIFTTT側にテンプレートがあるので利用しちゃいましょう
https://ifttt.com/recipes/193681-post-to-slack-if-it-will-rain-tomorrow

スクリーンショット 2015-12-05 17.38.49

これを設定してやれば後は自動でGeneralに通知が来るはずです。

スクリーンショット 2015-12-05 17.39.58

便利ですね。

Yo

最後にみんなだいすきYoの通知をSlackに残しましょう。
ここではCAMPHOR-の優秀な方々の作ったプログラムを使って各自DeployしてYoで設定しましょう。
PythonとRustで書かれているので皆さん簡単にDeployできますね。
https://github.com/ryota-ka/yo-slack-adapter
https://github.com/ymyzk/bottle-yotoslack

さいごに

IFTTTを使えばYoも設定できるので、わざわざ立てる必要もないんですがね。

その他にもIFTTTを使ってSlackにPushするものがあるのでいろいろ設定してみるといいかもしれません
https://ifttt.com/p/slack/shared

以上雑な記事でした。

明日は @pepoipod でっす!

About kakenn

コメントを残す